【ちょこっとGQueues】タスク③

 

Add a Task via Email(Email経由でタスク追加)

あなたのアカウントのINBOXに紐づ いた一意のメールアドレスが作成されています。このメールアドレスにどのemailアカウントから送信することがで き、これによりあなたのINBOXにタスクが登録されます。たとえば、フィルターおよび自動転送を設定したり、または GQueues に複数のメール アカウントからタスクを追加する場合などに役に立つでしょう。

あなたのINBOX Addressを確認するには、Settings General セクションを参照します。

メールを送信するとき、件名行はタスクの説明になり、メールの本文はタスクのメモになります。

同じように件名に日付または時刻を入力することで、GQueues は日付を適切に設定します。

タスクのキューを指定するには [ ] を使い、 タスクにタグを追加するには、# を使います。

すべての可能な構文については、 Quick Add reference を参照してください。

例えば、dentist appointment 11/27 @ 1pm を件名に入力します。

 

 

GQueues は、「dentist appointment」という名前のタスクを作り、11 月 27 日と13時の期限を設定します。

添付ファイルやサイズの制限

あなたがGQueuesの添付機能(Attachments)を有効にしている場合は、受信メールに添付されたファイルは、新しく作成されたタスクに自動的に添付されます。

受信メールはすべての添付ファイルを含めて、7メガバイトの合計より大きくなることはできません。これより大きい電子メールは、無視されます。

メール送信されたタスクの場所

タスクは、電子メールの件名に [ ]で指定したキュー名を含めることによって、特定のキューに直接メールすることができます。

また、メール アドレス自体でタスクのキューを指定できます。これは自動送信メールフィルターまたはIFTTTなどのサービスと組み合わせるときに役に立ちます。

+記号とキュー名をメールアドレスに加えます。スペースはハイフンにおきかえます。 (キュー名は大文字と小文時が区別されます。) 例えば、私の Weekend Projects というキューにタスクをメールするにはこのアドレスを使います。

cameron_tqdqf+Weekend-Projects@gqueues.appspotmail.com

もし、キューがメールアドレスや件名で [ ] で指定されていない場合、メール経由で作成されたタスクはInboxキューに配置され、いつでも特定のキューにドラッグすることができます。

あなたのInboxアドレスのリセット

受信トレイのアドレスを知っている人は、受信トレイにタスクを送信することができます。アドレスが悪意のある人の手に渡った場合は、Settingsでそれをリセットすることができます。古いアドレスへのメールは無視され、新しいアドレスに送信された電子メールのみタスクが作成されます。

送信者のメールアドレスの追加

デフォルトでは、あなたのメールアドレ ス以外からのメールアドレスでInboxアドレスにタスクが送られた場合、送信者のメールアドレスがタスクのノートに追加されるので、あなたはどこからそ れがを確認できます。これはあなたが他の人にメールでタスクを作成することを許可している場合に役に立ちます。

この仕様はSettingのチェックボックスを外すことでオフにすることができます。

 

★ブログ管理者より一言

タスクとなるメールを受信したとき、GQueues用のメールアドレスに転送すれば、すぐにGQueuesのINBOXに反映されます。これも良く利用します。

 

 

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ

HOME

 TOP