GTD

GTDを用いてGQueuesを利用する

たくさんのユーザはGQueuesをデビッドアレンのGTDメソッド(Getting Things Done)にすぐれたツールとみなしています。

GTDとは、あなたの頭にあるすべてのタスクを外に出して、組織化された信頼できるシステムにインプットすることで、全て覚えておくというストレスの代わりに、仕事に集中できるようになるというのが、コアの考え方となっています。

GQueuesは、簡単にGTDを受け入れ、個人の生産性向上に寄与することができます。

どのようにGTDを用いてGQueuesを使うのかご覧ください。

もっと深く理解したいならば、次の本を読んでください。

マスターリングワークフローの5つの段階
The Five Stages of Mastering Workflow

Collect(収集) メールやメッセージ、ブックマークレットやQuickウィンドウを用いて、あなたのGQueuesのInboxにあなたのすべてのタスクを入力します。

Process(処理)あなたのInbox からタスクのドラッグでNext Actionsキューに移したり、割り当て機能でタスクを委任します。

Organize(整理)プロジェクトやカレンダーを使って整理します。

Review(見直し)カスタムスマートキューですべてのタスクを見直します。

Do(実行) 優先順位を明確に表示した情報に基づいて、あなたの仕事を実行します。

GTD and Getting Things Done are registered trademarks of David Allen & Co.
GQueues LLC is not affiliated with David Allen & Co. or Getting Things Done

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ

HOME

 TOP