タスクの検索(4)

Query Language(クエリ)

次の文言は、より強力な検索クエリを作成するために使用することができます。

Fields

特定のタスクフィールドを検索するには、コロンと括弧内の検索値に続き、フィールド名を入力します

例えば、today タグを持つタスクを検索するには、検索ボックスにtag:(today calls) と入力して呼び出します。

次のフィールドは検索クエリとして利用することができます。(大文字と小文字が区別されます):

  • タイトル: description (text)
  • ノート: notes (text)
  • ノートの有無: hasNotes (0 or 1)
  • タグ: tag (text)
  • タグの数: numTags (number)
  • 委任: assignedTo (text)
  • 委任の数: numAssignments (number)
  • 作成日: dateCreated (yyyy-mm-dd)
  • 期日: dueDate (yyyy-mm-dd)
  • 期日の有無: hasDueDate (0 or 1)
  • 完了日: dateCompleted (yyyy-mm-dd)
  • 取消線: crossedOut (0 or 1)
  • 繰り返し: repeats (0 or 1)

Operators

次の演算子は、検索クエリで使用できます。

たとえば、もしあなたが本日や緊急のついたタグと、ホームのタグをもたないタスクを望む場合、次のように検索ボックスに記入します。tag:((today OR urgent) AND NOT home)

次の演算子は、検索クエリで使用できます。

  • AND
  • OR
  • NOT

論理的なグループを指定するために使用される括弧や引用符は、正確なフレーズを検索するために使用することができます。
(ie. description:”revise meeting minutes”).

次の数値演算子は、検索クエリの数値フィールドと日付フィールドで使用できます。

  • =
  • >
  • >=
  • <
  • <=

Relative Dates(相対日付)

具体的な日付を入力して検索する代わりに、検索の保存に便利な相対日付を利用できます。

相対日付を利用するには、角カッコ内に今日からの + または – の日数を入力します。

例えば、過去30日間に完了した全てのタスクの検索を作成するには、次のように入力します。
dateCompleted >= [-30 days]

もしスマートキューとしてこのタスクを保存(save this search)すれば、スマートキューを表示するたびに、現在の日付に基づいて、日付が再計算され、過去30日間のタスクを参照することができます。

期限越えや2週間以内に期限が到来するタスクを検索するには、次のように入力します。 dueDate < [+14 days]

本日のタスクかurgent緊急)タグを検索するには、次のように入力します。 dueDate = [today] OR tag:urgent

Plural variants(複数検索)

複数の検索結果を得るために、検索値の前にチルダ (~) をつけることができます。

例えば、~ticket と検索することで、ticketticketsの文字を含むタスクを検索できます。

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ

HOME

 TOP