カレンダー統合

Calendar Integration(カレンダー統合)
GQueues は日付、時間、リマインダー(set dates, times and reminders) を設定したタスクをGoogleカレンダーに統合することができます。カレンダー統合を有効にするとGQueues という2つ目のカレンダーが作成され、あなたがGoogleカレンダーにアクセスしたときに表示されます。GQueuesでタスクに日付を設定すると、この新しいカレンダーと自動的に同期します。

Activate Calendar Integration(アクティブカレンダー統合)

カレンダー統合を有効にするには、2つの方法があります。:

  1. 初めてあなたがタスクに期限を設定したときに統合をアクティブ化するように求められます。
  2. もしくは、ページの右上にあるSettings のリンクをクリックしてActivate のボタンを押すことでGoogleカレンダーと統合できます。

GQueuesからGoogleカレンダーへのアクセスを許可するように求められます。統合を可能にするために[Accept]をクリックします。

接続が正常に行われたメッセージを確認します。

View GQueues in Google Calendar (GoogleカレンダーにGQueuesを表示)

いったん統合を有効にすると、Googleカレンダーにログインしたときに、日付がついたGQueuesタスクが表示されます。もし、タスクに新しい日付を設定する場合は、変更が表示されるようにGoogleカレンダーの[Refresh]ボタンをクリックする必要があります。

Change GQueues Items within Google CalendarGoogleカレンダーでのGQueuesタスクの変更)

あなたはGoogleカレンダーに表示されたタスクを変更することで、それらの変更をGQueuesに反映させることができます。Googleカレンダーでタスクをクリックして、edit event detailsのリンクをクリックして、必要に応じて、名前・日付・時刻・リマインダーを変更します。

また、シンプルにカレンダーで別の日にタスクをドラッグすることができ、それにより日付は自動的にGQueuesで更新されます。

Add New Items Directly from Google CalendarGoogleカレンダーから新しいタスクの直接追加)

あなたは、Googleカレンダーの中からGQueuesに新しいタスクを追加することができます。シンプルに新しいカレンダーイベントを作成し、GQueuesカレンダーに追加します。

 

新しく作成されたタスクは、GQueuesINBOXに置かれ、後で特定のキューにドラッグすることができます。

Hide Completed Items in Google CalendarGoogleカレンダーでの完了タスクの非表示)

デフォルトでは、完了したタスクは、それらの前にチェックマークがついてGoogleカレンダーに表示されます。GQueues[Settings]に行き、[Hide Completed Item]のチェックボックスをチェックすることで、完全にカレンダー上で隠すことができます。

Canceling Events in Google CalendarGoogleカレンダーでのイベントのキャンセル)

あなたがGoogleカレンダーで直接タスクのイベントを削除すると、タスクに何を起こすかを選択することができます。

GQueues設定の[Calendar]タブに移動し、あなたが好むオプションを選択します。

Set Timezone for Correct Times and Reminders(正確な時間とリマインダーのためのタイムゾーンの設定)

GQueuesGoogleカレンダーとの間で時間とリマインダーを正しく同期するためには、あなたはタイムゾーンを3つの異なる場所で正しく設定されていることを確認しなければなりません。 GQueuesはタイムゾーンの設定を試みますが、時間が正しくないと思われる場合はどこかに誤りがあります。

最初に GQueuesで、[Settings]に移動して、正しいタイムゾーンを選択し、[保存]をクリックします。

次に、Googleカレンダーに移動して、次のGQueuesカレンダーにメニューをクリックし、[CalendarSettings]を選択します。

[Calendar Details]パネルであなたがGQueuesで設定した同じタイムゾーンを設定して、[保存]をクリックします。

第三にGoogleカレンダーのメニューから[Settings]を選択します。

ここで、2つの場所に全く同じタイムゾーンを設定していることを確認してください

Set What Day the Week Starts On(週の初めの設定)

[GQueues Settings][Calendar ]タブに移動し、何曜日を週初めとするかを設定します。

これによりGQueuesに表示されているカレンダーが修正されます。

 

Deactivate Calendar Integration(カレンダー統合の無効化)

GoogleカレンダーとのGQueuesの統合をやめたい場合、いつでも無効化できます。これによってGoogleカレンダー内のGQueuesカレンダーと関連付けられたすべてのタスクを削除します。GQueues内のいかなるタスクも削除はしないので、何かを失う心配をする必要はありません。

無効にするには[GQueues Settings][Calendar ]タブに移動し、[Deactivate]ボタンをクリックします。

Problems with Calendar Integration(カレンダー統合での問題点)

もしトラブルにより適切に同期していない、または何らかの形で不具合がある場合は、いつでもカレンダー統合をリセットすることができます。これを行うには、シンプルにカレンダー統合を無効化して再度アクティブ化してください。これにより、Googleカレンダー内の既存のGQueuesカレンダーが削除され、設定した日付を持つすべてのあなたのGQueuesタスクがリロードされ新しいものが追加されます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ

HOME

 TOP