エクスポート/インポート

Export / Import(エクスポート/インポート)

GQueuesのデータはGoogleのサーバーに安全に保存されており、データの損失を懸念する必要はありません。しかしながら、あなたのキューをローカルファイルにバックアップしたい場合は、エクスポート機能で行うことができます。

Export your Queues(複数キューのエクスポート)

あなたの複数キュー(My Queues Inboxにある全て) をエクスポートするには、Settings Import / Export タブを押します。

Export to CSV をクリックし、ファイルが生成されるまで待ちます。

Download CSV をクリックし、ファイルをどこに保存するか選びます。

もし必要となったら、いまCSVファイルに保存したキューをGQueuesにインポートすることができます。

GoogleドキュメントやMicrosoft Excelなどのスプレッドシートプログラムで開いてCSVファイルのデータを表示することもできます。

: スプレッドシートなどでファイルを開くと、書式設定の変更が発生して、GQueuesにあなたのキューをインポートすることを妨げるかもしれません。スプレッドシートなどでファイルを開く前にファイルのコピーを作成することをお勧めします。

Export Single Queue(単体キューのエクスポート)

単体キューをCSVファイルにエクスポートするには、キューメニューからExportを選ぶことで実行することができます。

エクスポートしたファイルは、読みやすいように簡素化形式でキューを示しており、GQueuesにインポートするために使用することはできません。

Import Queues from a Backup(バックアップからのキューのインポート)

GQueuesに複数キューをインポートするには、Browse… からファイルの場所を指定し、Import ボタンをクリックします。

カテゴリ、キュー、ファイルのアイテムがあなたのGQueuesアカウントに追加されるでしょう。

Import from Google TasksGoogleタスクからのインポート)

もしあなたが過去にGoogleタスクを使用していた場合、GQueuesにインポートすることができます。

: Googleタスクデータのインポートは一回限りです。GQueues Googleタスクと相互の同期はしません。Googleタスクには、期限、タグ、リマインダー、リピート、共有などGQueuesにある多くの機能が欠けているためです。

Googleタスクからインポートするには、 GQueues Settings -> Import / Export から Import from Google Tasksをクリックします。

あなたのGoogleのタスクアカウントでGQueuesのデータを表示することを許可するように求められます。

Accept をクリックします

GQueuesは、あなたの完了したタスクを含むGoogleタスクのすべてのリストとタスクをインポートします。

インポートしたタスクはGoogle Tasks Importという名前のカテゴリに表示されます。

あなたは必要に応じて、他のカテゴリにこれらのキューを移動することができます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ

HOME

 TOP