ガジェット

Gadgets(ガジェット)

iGoogle & Google Calendar Gadgets

あなたのリストへの迅速なアクセスのために、GoogleカレンダーやiGoogleホームページにGQueuesガジェットを追加することができます。一目で期限切れと今後のアイテムがみられるように表示され、それらをガジェットから完了にマークできます。

Add the Gadget to iGoogle(iGoogleへのガジェット追加)

GQueues Settings に行き、iGoogle Gadget リンクをクリックします。.

新しいウィンドウが開き、iGoogleへのガジェット追加を促されます。Add to iGoogleをクリックします。

GQueues ガジェットがあなたのiGoogleのページに現れます。プロセスを完了するために Gadget Setup を読んでください。

Add the Gadget to Google Calendar(Googleカレンダーへのガジェット追加)

GQueues Settings に行き、Google Calendar Gadget リンクをクリックします。

あなたのカレンダーが新しいウィンドウの中で開き、ガジェットの追加を促します。Yes, add this gadgetをクリックしてください。

GQueues ガジェットがあなたのiGoogleのページに現れます。プロセスを完了するために Gadget Setup を読んでください。

 

Gadget Setup(ガジェットのセットアップ)

あなたがガジェットを追加したら、あなたのGQueuesアカウントにアクセスを許可する必要があります。そうするために、GQueues Settings に行き、Private Keyをコピーします。

 

ガジェットに戻り、ボックスにキーを貼りつけて、Saveをクリックします。

以上です!すぐにガジェットは、あなたのタスクを表示します。プライベートキーをリセット(reset your private key)しない限り、セットアッププロセスを繰り返す必要はありません。

Private Key(プライベートキー)

プライベートキーは、あなたのGQueuesアカウントに紐付けられた文字と数字からなる一意なものです。GQueuesガジェットは、正しくアカウントを特定し、タスクをプルダウンするために、このキーを使用します。

この鍵は秘密にしてください。あなたが友人にそれを与えると、彼らはGQueuesガジェットであなたのタスクを表示したり、完了マークをつけることができます。

それを本来持つべきではない他の誰かがあなたのキーを取得した場合は、キーをリセットすることで、データを保護することができます。

これにより、あなたのアカウントのすべてのガジェットを無効になるので、再度アクティブにするために新しいキーを入力する必要があります。

Using the Gadget in Google Sites(Googleサイトでガジェットを利用)

Googleサイトで作成したWebページ上にGQueuesガジェットを埋め込むことができます。

あなたは次のURLを使用してページに追加することができます。 http://www.gqueues.89japan.com/gadget

設定はサイトのガジェットとは異なる方法で処理されているので、あなたがガジェットを挿入する時にプライベートキーを設定する必要があります。

注意: もしあなたがサイトのページを他の人と共有したり、それを公開する場合には、ガジェット内のアイテムを表示したり、完了マークを付けることができます。ほとんどの場合、サイトのページでは、プライベートのガジェットにしたいと思うでしょうから、共有する場合は、この警告を意識してください。

Using the Gadget with Google Apps(Googleアプリでガジェットを利用)

Google Appsでカレンダーガジェットを使用するためには、アプリケーションドメインでカレンダーラボを有効にする必要があります。

これを設定するには、Google Appsの管理ダッシュボードに行き, Service Settingsから Calendar Enable Calendar Labs for my usersのボックスをチェックします。

こちらのGoogle Appsのヘルプページ(Google Apps Help Page)に追加の情報を見つけることができます。

Gmail Gadget

GQueuesGmailガジェットは 有料申込みまたは無料のトライアルアカウントを持つユーザーのみが利用可能です。

あなたのGoogle Appsドメインに一度インストールすると、ガジェットはすべての電子メールの一番下に表示され、使い慣れたGQueuesコントロールを使用して、簡単にメールをタスクに変換することができます。

Using the Gmail Gadget(Gmailガジェットの利用)

ガジェットは、すべての電子メールの下に表示されます。メールからタスクへの変更を開始するには、Create Taskをクリックします。

タスクの説明は、メールの件名が設定されますが、必要に応じてこれを変更することができます。

デフォルトでは、新しいタスクはあなたのGQueuesInboxに入りますが、あなたはデフォルトキューを選択することができます。

必要に応じて、メモ、タグ、割り当て、期日を追加して、Create Taskをクリックします。

元の電子メールへのリンクが含まれているタスクが、GQueuesに追加されます。

希望するならば、この電子メールをアーカイブして、新しいメッセージを読み続けることができます。

Installing the Gmail Gadget(Gmailガジェットのインストール)

ガジェットをインストールするため、 Marketplace listing に行き、Add it now ボタンをクリックします。

注意: ガジェットをインストールするには、あなたのGoogle Appsドメインの管理者である必要があります。

あなたのGoogle Appsドメイン名を入力します。

サービス規約に同意します。

ガジェットのアクセスを許可します。

アプリを有効にします。

ガジェットは、あなたの管理ダッシュボードに表示され、あなたのドメイン上のすべてのユーザーのメールの下に表示されるようになります。

Choosing who sees the Gmail Gadgett(Gmailガジェットの閲覧者の選択)

デフォルトでは、Gmailガジェットは、ドメイン上のすべてのユーザーのメールの下に表示されます。あなたは、次の操作を行って、ガジェットを取得するユーザーを制限することができます。

1. あなたのGoogle Apps管理ダッシュボードに行き、Organization & users をクリックします。

2.サブ組織を作成(または既存のものを使用)して、このグループにガジェットを利用するユーザーを加えます。

3.最上位組織を選択し、Services タブをクリックし、GQueues Gmailのガジェットをオフにして、Save Changesをクリックします。

4. サブ組織を選択してServices タブをクリックして、GQueues Gmailのガジェットをオンにして、Save Changesをクリックします。

Uninstalling the Gmail Gadget(Gmailガジェットのアンインストール)

あなたのドメインからGmailガジェットをアンインストールします。(すべてのアカウントから取り除きます):

1. 管理ダッシュボードに行き、GQueues Gmail Gadget をクリックします。

2. Delete GQueues Gmail Gadgetをクリックします。

 

Google Appsのメールがガジェットをキャッシュしている間は、ガジェットはメールの下に表示されたままになり、停止するまでに数時間かかる場合があります。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ

HOME

 TOP